top of page
検索
  • yokoimamoru3

知っておきたいトラポンの傾向と対策❣️ 長文だけどこれからのトラポン初挑戦の方には必見です。

特別放流も終わりトラポンの鱒の量はMAXになりました。

あの小さなポンドに2t600kg2600kg)の鱒が居ます‼️内ハイパートラウが1t1000kg)入ってます!鱒が多過ぎー😱

正にトラウトポンド‼️

トラポン名物の杉坂大アマゴ(鬼アマゴ)を釣りに来てください🎣赤鬼と白鬼が居ます!コンプリートしてください。

赤鬼👹

白鬼😈


後は釣り方です。


*分からない事があれば受付時に管理人にお尋ねください。


ルアー編

 

ルアーの巻きは圧倒的に朝10時までがお勧めです。夕方は朝程ではありませんが巻きを楽しめます。

ポンドがマッディなのか?ルアーはスプーンが1番人気で過去のトラポンでは珍しい事になっています。


スプーンは早いスピードはイマイチです!デッドスローのタダ巻きかデジ巻きがお勧めします。

50㌢〜1.5メートルをデットスローで巻けるスプーンが釣れています。今シーズンはアルミンやドリフトスピンが安定しています!

スプーンフリークの方はこの機を逃さないでください!


年末くらいからミノーも良くなって来ています。


毎年、爆釣のトルネードがイマイチになっています。


バイブレーションは天気に関係なく良い日と悪い日があります。


日中はマメでボトムを釣るのがお勧めです!深場は1g1.5g、浅場や岸際は0.4g0.8gがお勧めします。


フェザージグはハイパートラウトの数釣りが出来ています。これもスローな釣りがお勧めです。


表層トレーラーやトップは日陰がお勧めです。陽射しのポイントは当たりが皆無になっています。



フライ編


フライはシンキングの引っ張りと岸際のボトム狙い以外は日陰をお勧めします!

例年よりもフライの3桁を越える数釣りは難しくなっています。(フォールで高反応の時がチャンスになります。)


マーカー釣りとフォールの釣り

太めのティペット7X0.4号)以上でしっかりショットを付けて待って釣る基本的な釣りがお勧めです。

ティペットを細くした釣りは、ドライフライ以外はフライが鱒に持って行かれて無くなるだけでお勧め出来ません!

フライは丸物が1番人気です。(丸物とは、エッグ、エボレス、モップの様な丸い形の総称)

サイズは#18#20の小さいサイズか#10#12の大きなサイズがお勧めです。

カラーはその日によって変わります。

黒、オリーブ、イエロー、ブラウン、ホワイト、ピンク、チャートリュースは、ご用意ください。


引っ張り


低水温の時期はフローリングよりスローシンク〜TYPE IIをお勧めします。

フライは大き目(#10#12)のマラブーやゾンカーがお勧めです。ハックルが巻いてある物が良い様です🙆

後はスピードです。ルアーの巻きと同じくスローか超スローをお勧めします。

12月に入り表層のソフトハックルなど(ウエットフライ)への反応はイマイチです。午後14時〜16時の日陰が狙い目の様です。



ドライフライ

ドライフライは、濁りがあるので、濁りが取れるまではお勧め出来ません。

濁っていても午後3時以後にはライズが有ります。このライズを攻略した方は少なく釣り方は分かりません。このライズのドライフライで釣れる方は教えてください。🙏



注意⚠️

ラインブレイクによりルアー、フライが無くなるってお客様が多く、他人事では無いので十分に注意してください!








閲覧数:326回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page