top of page
検索

真冬のトラポン攻略の参考に

寒さの影響でポンドは真冬の釣りになっております。そんな中でありながらハイパートラウトが高確率で釣れています。

全体に朝夕は巻きや引っ張りで日中は、しっかり底を狙うのが良くなっています。岸際のブレイクや桟橋際も人気です。

フライの色はチャートリュース、ライトピンク、ブラック、ホワイト、ベージュ、オレンジが人気です。ルアーはそれ+グロー、赤、ラメ入りが良いようです。


ルアー

朝夕はスプーン、ミノー、クランクで釣れています。巻きスピードは傾向としてハイスピードかデッドスローが良くなっています。(デジ巻きがお勧め)

日中は断然ボトム系ルアーで底を攻めると安定した釣果に繋がっております。ボトム系ルアーでもバイブレーションはイマイチでマメルアーが威力を発揮しています。色はチャート、ピンク、ホワイトでグローが入っているルアーが良いようです。

曇りの日は日中、晴れの日は夕方4時以降にトップルアーで水面を釣るのもお勧めです。


フライ

ドライフライは何時でも良い訳では無く、天候と時間帯を外さない事が肝になります。

サイズはミッジが主流ですが、ライズが無い時は#12以上の大き目でリアクションで誘うのがお勧めです。

引っ張りはインターミくらいで太めのゾンカーか細めのマラブーが良くボディにハックルが巻いてあるパターンが鱒に好評のようです。

フォールは丸物が圧倒的に釣れています。丸物がイマイチの時はガムがお勧めです。リーダーやティペットの動きでアワセると爆釣果になっております。

マーカーは丸物が1番人気!風の日はマラブーがお勧めで日中の無風でシブい時はピューパでジックリ待ちの釣りが良いようです。丸物、マラブー、ピューパがイマイチの時はガムが威力を発揮している時が多いです。


これらを加味して各自で工夫をして真冬のトラポンを攻略してください。


楽しそうに釣り談笑!和気藹々のトラポン。油断するとこうなります。www

閲覧数:180回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page